トップ

シミ改善の美容とクリニック

顔にシミができる原因とはなにか

顔にシミができる理由は

シミを今すぐ消したいならクリニックでの施術が有効ですが、どうしてシミが出来るのかを知って予防することも大切です。シミは過剰に生成されたメラニンが、排出されずに肌に残ってしまうことが原因で出来ます。厚さ0.1~0.3mmほどの非常に薄い表皮の、一番基底層にあるメラノサイトと呼ばれる色素細胞がメラニンを作り出すことがシミの原因です。

メラニンは紫外線のような外的刺激から肌細胞を守るために作られています。ですが紫外線を浴び続けると過剰にメラニンが作られます。表皮の大部分はケラチノサイトという表皮細胞でできていますが、メラニンが大量に作られてしまうとケラチノサイトの部分で色素沈着が起こります。この色素沈着が、ぽつぽつとした茶色いシミとなって現れるのです。

<シミに悩まされる原因は何?>
シミが出来る大きな原因は紫外線ですが、紫外線がどう影響をするのでしょうか。紫外線のUVAとUVBの2種類の波長のうち、UVBは直接皮膚細胞を攻撃してDNAを傷つけます。UVBが皮膚細胞のDNAを傷つけて変異を起こすとメラノサイトは活性したままになり、シミが作られ続けてしまいます。

また紫外線のUVAは皮膚の真皮の免疫細胞を刺激して炎症を起こします。この炎症から発生した活性酸素を除去するために、メラノサイト刺激ホルモンが分泌してメラニンが作られます。UVA以外の活性酸素が発生する原因には、ストレス、飲酒喫煙、食品添加物、便秘、激しい運動や睡眠不足などがあります。

皮膚の炎症が起きた時というのは、新しい細胞を作るために活性化しています。同時にメラノサイトも一緒に活性化してしまい、メラニンが過剰に生成されて色素沈着します。

炎症の原因には日焼けは勿論、摩擦や虫刺され、やけど、湿疹、かぶれ、ニキビなどの肌の外傷、肌に合わない化粧品や女性ホルモンの乱れがあります。はっきりと炎症として表面的に見えていなくても、長期的にダメージが続くこともシミの原因になります。

Copyright © 顔にシミができる原因とはなにか. All rights reserved.